シンプルに美味しいお店を!福島5丁目の「う越貞(うおさだ)」が気になる!!

こんにちは、㈱プラス・エヌのゆーたです。

正直、全くグルメではないのですが美味しいものはいっぱい食べたいと思っています。

そこで気になるお店を発見!!

調べてみるとわかりました!

絶対美味しいに決まってる!!!

ということで今回は「シンプルに美味しいお店を!福島5丁目の「う越貞(うおさだ)」が気になる!!」をお送りいたします☆

う越貞(うおさだ) とは


引用 う越貞様 HP

『う越貞(うおさだ)』は、1981年4月9日、カウンター8席の小さな居酒屋として開業。

開店当初は「魚屋出身の大将の店」といわれていたとおり、実家である九条の魚屋から和歌山の港に揚がる魚を仕入れて、 造りや焼き物、煮物、天ぷらなどの一品料理を出していました。

1990年に居酒屋から魚料理の店へとイメージを一新しました。

魚はすべて店主の目で確かめて買い付け、「いい魚がなかったら絶対に買わない!」という強い拘りを持っていて、魚の熟成の旨味に気づき、それを最大限に引き出すにはどうしたらよいかを追求しています。

熟成の方法。素材の厳選。料理に合う熟成度合いの見極め…。

魚の熟成のパイオニアとして、探求を重ね、ここ『う越貞』だけの魚料理を、ベストの状態でシンプルにお出しし、味わっていただくというスタイルです。

「魚についても、料理に関しても、僕は全くの独学。ひたすら真面目に魚と向きあってきました。
僕の料理で、お客様が魚の美味しさに感激するのが何よりの喜びです。
熟成した魚の味の深み、厚み…とびきりの美味しさを堪能してください!」

と言う店主さんの言葉の通り写真を見るだけで美味しさが伝わってきます。

引用 う越貞様 HP

引用 う越貞様 HP

引用 う越貞様 HP

引用 食べログ

引用 食べログ

引用 食べログ

引用 食べログ

シンプルな料理にし、最大限に食材のうま味を引き出した料理達。

店主さんの拘りでいい食材のみを買う為や、季節限定のメニューも多数ありそうです。

絶品料理

A post shared by Akky (@bleuphotographica) on

器のこだわり

う越貞(うおさだ)さんは器にも大きな拘りをもってられます。

引用 う越貞様 HP

引用 う越貞様 HP

引用 う越貞様 HP

引用 う越貞様 HP

器は、柿右衛門や染め付けの古伊万里なども交え、魚料理を引き立てるものを選んでみました。
シンプルな盛り付けの中で、さりげなくお料理を目でも楽しんでいただけたらとの事です。

う越貞(うおさだ) 詳細

店名 う越貞(うおさだ)
住所 大阪市福島区福島5丁目17-20日乃出ビル1F
最寄駅 JR大阪環状線福島駅より徒歩3分
TEL 06-6458-1153
営業時間 17:00~
休業日 日・祝日(要確認)
大阪市福島区福島5-17-20

 

まとめ

以上、「シンプルに美味しいお店を!福島5丁目の「う越貞(うおさだ)」が気になる!!」をお送りしました。

店主さんのおまかせは20,000円位~の価格。

簡単には行けるわけではないかもしれませんが、特別な日に特別な人と行くのがいいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする